副作用には注意|緊張に効果のあるインデラルであがり症を克服しよう

緊張に効果のあるインデラルであがり症を克服しよう

副作用には注意

瓶から出ている薬

実際にインデラルを手にとってみようかと考えている人もいるかと思います。
確かにインデラルは極度に緊張してしまうあがり症の人にとっては、まさに救世主といえるような存在でしょう。
ですが、そんな頼りになるインデラルにも副作用がありますし、飲み合わせが悪い薬、つまり併用禁忌薬もあります。
飲み合わせが悪かったことによる重篤な症状の発症を避けるためにも、服用する前にインデラルの正しい知識を得ておきましょう。

インデラルの副作用は、主に心不全や徐脈、低血圧、動悸、めまい、身体のだるさ、ふらつき、手足の痺れ、喘息発作の誘発などがあります。
実際にインデラルを服用したことがある人で、飲み始めの頃に顔のほてりやのぼせ、口の渇きなどの症状があったという声もあります。
喘息発作を誘発する恐れがあるので喘息持ちの人はもちろん使えませんし、リザトリプタンなどの併用禁忌薬があるので注意が必要です。

インデラルは薬局などでは売っていないので、手に入れるためには、病院で処方してもらうか個人輸入のどちらかになります。
個人輸入は代行業者が運営している個人輸入代行サイトも多数登場しているのでより身近になっていますし、病院に行かなくてもインデラルを手に入れることができるメリットがあるので、オススメです。
自分でインデラルを買ってみたけどなんだか不安だという場合は、かかりつけの医師に相談してからインデラルを使用すると安心できるかもしれません。

あがり症は悪いことではありませんが、あまりにも緊張してしまうと物事が上手くいきません。
手強いあがり症に悩んでいる人ほど、緊張に効果のあるインデラルを飲むことをオススメします。